【サンふじ】 の蜜について
c0102608_17180100.jpg「リンゴ 1日 1個 医者入らず」
という言葉があるように
リンゴはとても健康に良いとされています。

例えば東北地方の食事はとても塩分がおおく
全国的にみて高血圧のかたが多いといわれますが
そんな中、津軽地方の住民の方に限っては
高血圧の患者は少ないようです。
それは、この地域の住民の方が
日頃よりリンゴを多く食べているから
といっても大げさではないと思います。


良くマスコミなどで「この食べ物はなになにに良い」と紹介されますが、
健康に良いものを食べる一番のポイントは継続できるかどうかではないでしょうか?
そして継続する一番のポイントは「美味しい」かどうかだと思います。

そこで、前回も紹介した「サンふじ」ですが
11月から12月にかけては一年間でもっともリンゴが美味しい時期といってもよいでしょう。
では、サンふじの美味しさの証である甘い蜜の謎を探っていきましょう。

リンゴの蜜のメカニズム
太陽の光をサンサンと浴びた葉は光合成により光合成産物であるデンプンを糖(ソルビトール)
に変換して葉から果実に運びます。
サンふじが赤く完熟するとある程度リンゴの細胞は糖で一杯(飽和状態)なので、
多少収穫時期を遅らせる事により糖(ソルビトール)は細胞内にはいれず
細胞と細胞の間に蓄積され水浸状になります。
この水浸状になった部分を「蜜」と呼びます。
言い換えれば「蜜入りリンゴ」は樹の上で十分完熟した証拠なのです。

リンゴの蜜は特別甘くない
蜜の色は褐色でいかにも甘そうですが、甘味は蔗糖の半分くらいで特別「蜜」が甘いわけではありません。
しかし蜜が出来るほど完熟している訳ですから、リンゴ自体はとても甘くて美味しいのです。

蜜リンゴは傷みやすい
「サンふじ」の記事の(産地による収穫時期と出荷時期の違い)でも書きました様に
蜜入りリンゴはギリギリまで樹に成らして収穫し、すぐに出荷します。
それは、冷蔵保存できないからです。
リンゴに限らず果物全般、はたまたトマトなどの野菜にしてもひとつの法則があります。
それは
     完熟している → 甘くて美味しい → 傷みやすい
ということです。
と、なると完熟以上に完熟している「蜜入りリンゴ」はとても傷みやすいとなります。
「蜜入りリンゴ」の美味しい食べ方は新鮮なうちに早く食べるということです。

最後まで読んでいただき有り難うございました。
c0102608_17325119.gif

[PR]
by ky0317yk | 2006-11-29 17:24


<< 【キラキラ キウイ】 入荷しました。 【かわいいボンボン】 入荷しました。 >>