【ジョナゴールド】 入荷しました
c0102608_22273187.jpg青森県 弘前(ひろさき)の
美味しいジョナゴールドが
入荷しました。

サンふじと比べて果肉が柔らかいので
「シャリッ」とした歯ざわりがお好みの方には
少々物足りない所もありますが
独特の甘酸っぱい酸味は
ジョナゴールドのさわやかな香りを
上手に引き立てて 
より一層美味しく感じます。


ジョナゴールドの交配
ジョナゴールドはアメリカ産のゴールデンデリシャスと紅玉との交配種です
ゴールデンデリシャスも紅玉も中性品種ですので
2つの子供であるジョナゴールドも中性品種になります。

ジョナゴールドの冷蔵保存
前回書いた「早晩性について」の記事のなかで、ジョナゴールドは中性品種なのに
なぜ晩生品種であるサンふじや王林と同じように冷蔵保存に対応できるのか?
ということですが
簡単にいえば酸味が強いからといえるでしょう。
だから、同じ中性品種でも秋映や千秋などの酸味の少ない品種は冷蔵保存に向かないのです。

りんごの蒸散作用
りんごは収穫して時間が経つとりんご自体の水分を外に出そうとします。
よくお供え物や戸棚の上で何日か経ったりんごがしなびているのを見たことがありますよね?
あれは水分が蒸散した結果です。
要するに鮮度劣化という事になります。
しなびたりんごは果汁もなくなり、美味しさも栄養もほとんどなくなってます。

りんごを守る油(ワックス)
しかし、りんごは「水分を蒸散する」働きとは別に「蒸散を防ごう」という働きもします。
それがりんごから出る油(ワックス)です。
特にジョナゴールドは他の品種に比べて 油(ワックス)の分泌量が多いため
人工的にワックスをかけていると勘違いされますが、これがジョナゴールドの特徴です。
以前は鮮度保持の為、みかんのように人工的にワックスをかけていたのですが
ワックスをかけても鮮度保持の効果が少ない事から
流通りんごには一切のワックスはかかっていません。

りんごの油(ワックス)とは
りんごの油(ワックス)の事を「果粉」といい、これは一種のろう物質になります。
ジョナゴールドは特別分泌量が多いのと油を出すタイミングが他のりんごと比べて早いので
分かりやすいですが、この油を出す働きはりんごの持つ生理的資質ですので
すべてのりんごが同じ働きをすると言ってもよいでしょう。
早生品種のつがるも時期の後半には油が目立つようになります。

しかし、逆にいうとあまりにも油(ワックス)でベタベタになっているのは、保存状態などが
あまり良くないと言ってもいいかもしれません。
その辺りはお買い上げの時に良く吟味してください。

最後まで読んでいただき有難うございました。
c0102608_2214375.gif

[PR]
by ky0317yk | 2006-12-07 22:29


<< 【スウィーティ】 入荷しました 【キウイ選果場】 に行ってきました。 >>