【博多あまおう】 入荷しました。
c0102608_18375432.jpg「あまおう」と聞くと、どうしても
「甘王」=「甘さの王様」
といった印象がありますが 実は

かい
るい
おきい
まい

の頭文字をとって付けられたのが
「あまおう」の名前の由来です。
(一般公募により決められました)

あかくてツヤがあって
とても美味しそうなので
思わず「ガブッと」食べたくなりますが
まんまるおおきな「あまおう」は
とても一口では頬張れそうにありません。
「そこを大きくひとかじり!」
口に広がるジューシーな果汁
甘みと酸味が程よいバランスで
思わず 「うまい!!」
と大満足!

福岡県民として「あまおう」のキャッチコピーを考えてみました。

「博多とよのか」から「博多あまおう」へ
福岡の代表的なイチゴといえば以前は「博多とよのか」が有名でしたが
4~5年ほど前より福岡県農協で生産 出荷するイチゴは段階的に「博多あまおう」に移行してきました。
今年の出荷状況は福岡県農協イチゴのほぼ98%を「あまおう」で生産 出荷しているようです。
わずか4,5年での劇的な変化を見ると「大きくて美味しい よりよいイチゴ」を嗜好する消費者に対しての
生産者側の努力を感じます。

全国のイチゴの品種
10年ほど前は、東の「女峰」 西の「とよのか」と2強時代が長年続いていましたが
昨今は状況が一変し、全国第一位の生産、出荷を誇る栃木県が「女峰」に変わり「とちおとめ」を出荷しだし
「とよのか」一辺倒であった九州各地の生産地も「幸の香」 「さがほのか」そして今回の「あまおう」と
多種多様の品種を市場に出荷しだしてきました。
今後も新しい品種が開発される傾向は続きそうです。

福岡県産のイチゴは全国第2位
福岡県農協で出荷される(農協に加盟していない個人農家は除く)イチゴの売上額ベースは1位の栃木県に続き、福岡県は全国第2位の売上高を誇ります。

目指せ「あまおう」で全国第1位!
福岡県は「女峰」「とよのか」の2強時代の時に1.2回 全国1位の座に輝いた事がありますが
栃木の「とちおとめ」がシェアを高めて以来、かなり差が開いた様です。
福岡県としてみれば「打倒栃木」 「打倒とちおとめ」 「目指せ 全国1位」の勢いで
県内一丸となって「あまおう」の拡販に全力をあげています。
それが、「とよのか」から「あまおう」への移行のスピードが上がった1つの原因でもあるようです。
「博多あまおう」の拡販は福岡県のプライドをかけて取り組んでいるのは間違いありません。

クリスマス前でイチゴ全般の価格はまだまだ「高嶺の花」の様ですが、是非ご購入の際は、福岡県自慢の
「博多あまおう」を堪能して下さい。

最後まで読んで頂き有り難うございました。
c0102608_17414934.gif

[PR]
by ky0317yk | 2006-12-13 18:40


<< 【あまおう】 って酸っぱい? 【レッドポメロ】 入荷しました。 >>