【幸の香いちご】 入荷しました。
c0102608_20315172.jpg

今回は福岡県糸島産の「幸の香いちご」(さちのか)が入荷しました。
福岡のイチゴといえば今は「あまおう」がとても有名ですが、「幸の香」も糸島など
多くの福岡県の地域で栽培されています。
九州全般では、長崎県が「幸の香」に力を入れているようで、なかなか安定した品質で入荷しております。

今回、入荷した「幸の香」を食べましたところ 正直 「ビックリ」の美味しさでした。
果肉が硬く、食感(歯触り)は「がじぃっ」という硬い感じでしたので
一瞬「あっ 酸っぱいかな?」と思いましたが
実際 口の中で「もぐもぐ」してみると 甘さが口一杯に広がりました。
今のところ、今年食べたイチゴの中では、今回の糸島産の「幸の香」が一番の美味しさです。


幸の香(さちのか)の交配親
平成8年に「とよのか」と「アイベリー」を交配親として、福岡県久留米市の農業試験場で
生まれ、「幸の香」というブランド名で品種登録されました。

幸の香(さちのか)の特徴
「幸の香」は「あまおう」や「とよのか」と比べてやや小ぶりですが 糖度が安定しており
交配親が「アイベリー」という事もあり、果肉の赤色がとても鮮やかです。
また、果皮が「とよのか」と比べて硬い為、日持ちが良いイチゴといえます。

幸の香(さちのか)の鮮度劣化
イチゴは、鮮度が落ちると「とよのか」の様に「ながれる」「とける」という印象があると思いますが
「幸の香」に関しては「ながれる」よりも果皮の赤色が黒ずんでくるのが特徴です。
これは「アイベリー」を交配親にもつ事が影響されているようですね。
従いまして、「あまおう」も間接的に「アイベリー」を交配親に持つため、「ながれる」「とける」
よりも「変色」するが鮮度劣化の特徴になります。

イチゴは果物の中でも足が速い(鮮度劣化が早い)果物です
どうぞ、ご購入の際は良く吟味してお早めにお召し上がりください。

最後まで読んで頂き有り難うございます。
c0102608_20322024.gif

[PR]
by ky0317yk | 2007-01-17 20:38


<< 【さがほのか】 入荷しました。 【むき文旦】 入荷しました。 >>