<   2006年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
【山川みかん】 入荷しました。
c0102608_1917479.jpg

福岡県産のみかんの代表といえば、やはり「山川みかん」でしょうか。
有明海の海風を程よく受け濃厚な甘みと程よい酸味のバランスがとても良い
美味しいみかんです。

今回、入荷した「山川みかん」は早生品種となります。
一言に「みかん」といいましても、産地、ブランドにより時期ごとに複数の品種が
入れ替わっていきます。

ではここで、「山川みかん」の品種の流れを少し・・・

①極早生系
9月上旬から出荷が始まる品種で、果皮の青みが多く酸味の強い品種です
品種名は「日南一号」から始まり10月上旬から10月下旬は 「上野早生」に切り替わります。
②早生系
10月下旬から11月上旬に出荷が始まる品種で、今回入荷した「山川みかん」も
この早生系品種にあたります。
甘みは極早生より強く、果皮もみかんらしい美味しそうな黄色で出荷されます。
「原口早生」 「宮川早生」などがここにあたります。
③普通温州
品種名は「青島」といい
俗にいう晩生(おくて)といわれるみかんです。
12月下旬から年明けに出荷されます。逆に年明けの「早生品種」は傷みが早いので
正月用で購入されるには「青島」と表記しているみかんをお勧めします。
個人的な意見では「青島」は大玉の方が美味しいと思います。
(基本的にみかんは小玉の方が味が濃いくて美味しいのですが)

一般的に一番みかんを食べる時期は11月から12月、1月 ではないでしょうか?
やはり、この時期のみかんが一番美味しいですからね。

「今年はあまり美味しいみかんを食べてない」という方
それもそのはず、今までのみかんは「極早生系」の品種で正直、みかん本来の甘みは若干薄めで、お世辞にも美味しいみかんとは言えませんでした。
それは「山川みかん」でも例外ではありません。

しかし 今日より入荷した「早生系品種」
俗にいう「早生みかん」は、さすが!といった感じの「うまいみかん」になっております。

「山川みかん」独特の果肉の袋が薄く甘みの強い濃厚な味わいは、食べやすく 後引くうまさです。良く「1日3個みかんを食べるとガン予防に効果的」なんていわれますが、今回の「山川みかん」であればこのノルマは簡単に達成しそうです。

しかしながら、今年の福岡県産のみかんの作柄は「超不作」という報告を受けました。
今年は基本的に「裏作」の年であるにもかかわらず、台風の被害が予想以上にひどく、おまけに雨不足と トリプルパンチを受けたみたいで、昨年比の50%強という深刻な状況のようです

今年は12月から年末、年始と全体的にみかんの価格が、かなり高騰しそうです。
美味しいみかんなのに「高値の花」にならなければよいのですが・・・

最後まで読んでいただき有り難うございます。
c0102608_2015020.gif

[PR]
by ky0317yk | 2006-10-30 22:07