タグ:柑橘類 ( 6 ) タグの人気記事
【紅八朔】 入荷しました。
c0102608_1841751.jpg
八朔とは
旧暦の八月一日(八月朔日)になると酸がぬけ美味しく食べられることから
「八朔」と命名されました。
原産地は広島県で、現在日本での主産地1位は和歌県です。
今回は熊本県産の「紅八朔」が入荷しました。

紅八朔と八朔の違い
八朔の古木の一つに紅の濃い、肉質のやわらかな突然変異枝ができ
それを固定したのが紅八朔です。
普通の八朔に比べ果皮の紅色が濃く甘みが強いのが特徴です。

c0102608_18415548.jpg
紅八朔を食べてみよう
紅八朔の果皮は柔らかいので手で簡単に剥けます。
果汁も程よい量なので手もベタつかず、とても食べやすいです。
やはり八朔ですので多少の苦味は食べた時に感じますね。
しかし「すっぱ~い」という嫌な酸味よりも 甘みの方が強いので
口の中の苦味が残らず食べた後はとても爽やかです。
朝起きてすぐのオレンジジュース代わりにどうすか?

最後まで読んで頂ありがとうございます。
c0102608_18423160.gif

[PR]
by ky0317yk | 2007-02-09 18:41
【土佐文旦】 入荷しました。
土佐文旦とは
土佐文旦はブンタンの中の品種のひとつで、高知県の一部の地域のみで栽培されています。
栽培当初は「法元文旦」の名で呼ばれていましたが、昭和34年より「土佐文旦」に統一されました。

c0102608_18284099.jpg土佐文旦の栽培
「土佐文旦」の栽培には「温室栽培」と
「路地栽培」があります。
今回入荷した「土佐文旦」は「路地栽培」のほうです。

土佐文旦の特徴
見た目は、グレープフルーツによく似ていますがグレープフルーツのように果皮の表面が「ツルツル」ではなく比較的「ゴツゴツ」でキメは荒い方です。
文旦の一種ですので柑橘類では大きいほうですが晩白柚と比べるとかなり小ぶりです。
果皮はママレードや砂糖漬けに利用できます。
c0102608_1836538.jpg土佐文旦を剥いてみよう。
果皮が厚いので手で剥くのは困難です。
包丁で切り口を入れ、実だけ取り外します。
果皮から実を外すときに適度な果汁がある為
柑橘独特の爽やかな香りが充満し食欲をそそります。
内果皮(じょうのう)は苦いので剥いて実だけたべましょう。


c0102608_18381367.jpg土佐文旦を食べてみよう
実がとてもプリプリしていて、果汁が少ない為とても食べやすいです。
一房づつきれいに食べれます。
見た目はとても酸っぱそうですが、じつは酸味や苦味がとても少なく爽やかなうまみが凝縮した驚きのおいしさです。
簡単に比喩すると
天然の「グレープフルーツゼリー」
みたいな感じでしょうか?

最後まで読んで頂ありがとうございます。
c0102608_18503617.gif

[PR]
by ky0317yk | 2007-02-04 18:40
【むき文旦】 入荷しました。
c0102608_211218.jpg
鹿児島産の美味しい
「むき文旦」が入荷しました。

「むき文旦」は鮮度劣化した文旦を
店舗のほうで剥いて販売していると
勘違いされているお客様も
いらっしゃるようですが
実は生産者の方が
ひとつずつ手で剥き、
箱に詰め、出荷されています。




文旦とは
ブンタン ボンタン ザボンといいかたは地方により異なりますが
基本的には同じものです。
マレー半島が原産で比較的温暖、熱帯地方で栽培されています。
耐寒性が低いため日本では九州南部や四国の温暖な地域に栽培が限られます。

主な品種では
晩白柚・・・世界一おおきな柑橘類
土佐文旦・・・高知県産の文旦
安政柑・・・晩白柚について大きな柑橘類
パール柑・・表面がつるつるした文旦
などがあります。

むき文旦の果皮はいったい何処に?
では、何故わざわざ生産者の方は果皮を剥いて出荷するのでしょうか?
それは、むき文旦を生産、出荷される生産者にとって文旦は
実よりも果皮に価値があるからです。
果皮の価値とは加工用として利用する事にあります。
果皮の利用で有名な所をあげると昔なつかしい「ボンタンアメ」があります。
またその他、マーマレードジャムや特産品のザボン漬けなどがあげられます。

ムキ文旦はお早めに
柑橘類は全てにおいて皮を剥くと実の表面が乾燥して一気に鮮度劣化が進みます
それは文旦でも例外ではありません。
しかし文旦自体はとても高価な柑橘類ですので
「むき文旦」はそれに比べてかなり安価で購入する事ができます。
「ムキ文旦」を購入する時の注意点は、青カビが発生していないかという点と
あとは、お店の方にいつ仕入れたかを確認するのが最善の策だと思います。
是非ともお買い上げの際は、お早めに美味しい「むき文旦」をご賞味下さい
新しければ十分果汁もあり 美味しいですよ。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

c0102608_21543117.gif

[PR]
by ky0317yk | 2007-01-12 21:59
【晩白柚】 入荷しました。
c0102608_215503.jpg「柑橘類の王様」と呼ばれる
晩白柚(ばんぺいゆ)は
その名の通り
柑橘類の中では世界最大の
大きさを誇ります。


そんな中、今回入荷した
「晩白柚」は
重さ 2.9キロ
胴回り 70cm
と「晩白柚」の中でも
最大級の4Lサイズ
を仕入ました。

晩白柚とは
「晩白柚」とは文旦の一種で主に熊本県八代市で生産されており
今では、い草と並んで八代市を代表する特産農産物になっております。
名前の由来は熟期が台湾の在来種「白柚」よりも晩生であること又は
晩(晩生)白(果肉が白っぽい)柚(中国語で丸い柑橘という意味)から命名されました。

晩白柚の栽培
「晩白柚」はハウス栽培でのみ栽培されます。
樹上での完全熟成がしにくいので、色づきが良くなった頃に収穫したのち
ビニールハウスの中でごろごろと保管し追熟させます。
ハウスの中で保管すると「光と温度」が適度に加わる為、
収穫時よりもより鮮やかな黄色に着色します。

晩白柚の特徴
「晩白柚」は保存性が高い為、お買いあげの際は是非玄関や床の間にでも飾って
観賞用としても楽しんでみてください。
文旦の一種なので果皮が厚い為、果皮の利用方法も多彩です。

晩白柚風呂・・果皮を2.3日陰干しして、お風呂に入れると美容効果あり

晩白柚漬け・・砂糖漬けにすると、ほのかな苦みと香りで美味しくできます。


c0102608_21581891.jpg果皮の断面図

晩白柚は果皮がこんなに厚いんです。
だから、手で剥くのは
至難の業なんですよ。


c0102608_21564577.jpg晩白柚を半分に切った図

房の大きさは、通常のミカンの
約5倍程度でしょうか?
だから、半分ほど食べると
お腹一杯になるんですよ。


c0102608_21552571.gif


[PR]
by ky0317yk | 2007-01-10 22:10
【ハニーみかん】 入荷しました。
c0102608_1818368.jpg
糖度14度!
 はたまた 
  15度以上!

なんていう 
甘くて コクのある
美味しいみかんを
最近
食べられましたか?

今回入荷した
「ハニーみかん」が
まさにその名の通り
ハニー(はちみつ)な
甘さの抜群に
美味しいみかんです。

ハニーみかんとは
基本的には「山川みかん」の中のブランドのひとつです。
通常の山川みかんを「レギュラー品」と位置づけ
生産者と栽培方法を厳選し、なおかつ糖度を13度以上に設定して選び抜かれたみかんが
今回の「ハニーみかん」です。
だから とっても美味しいんです。
山川みかんには、「ハニーみかん」以外にも「マイルド130」や「博多マイルド」など特別ブランドが
多数あります。
それはまた後ほど・・・

個人的な意見なんですが、僕が思うに福岡市場(しじょう)に流通しているみかんの中では「ハニーみかん」が一番美味しいんではないかと思います。
というよりも「ハニーみかん」は福岡市場でしか流通していません。

相対とセリ売り
市場(いちば)で良く目にする光景に「セリ売り」がありますよね。
農協や産地から送られてきた青果物を「セリ」にて値段を決める手法ですが
じつのところ市場(いちば)に入荷する青果物のほとんどはセリ売りする前にすでに売り先が決まっていてセリ売りにより決定した落ち値(価格)を基準に前もって渡した売り先の価格を決定させます。これを相対売りといいます。
それでも福岡市場ではまだ「セリ売り」における比重は東京などと比べてまだ高いようです
東京では机の上ですべての相場が決まるとか・・・

青果物の物流の現状
現在の市場における青果物の流れはこの「相対」が大きなシェアを占めています。
それは消費者の買い物動向が商店街の八百屋さんからスーパーなどの大型量販店に移行してきたからです。
一度に大量購入する大型量販店にとって「セリ売り」は非効率なんでしょう。
品目によって「セリ売り」と「相対」の比率は異なりますが、福岡県産のみかんだけを見てみますと
なんと90%以上は「相対売り」だという報告を受けました
それは、その日に10.000ケースのみかんが市場に入荷したとしてその中の80ケースくらいしか
セリ売りしない計算になります。

「ハニーみかん」は100%セリ売り
そんな中、「ハニーみかん」に関していえばなんと100%セリ売りにて販売しております。
その理由は

理由1・・・品質を厳選しているため数が少ない
理由2・・・出荷数以上に需要が高い為「相対」で平等に分けれない
補足 ・・・そのために通常のレギュラー品に比べて2倍以上の値がつく

以前にも書きましたが今年は異常にみかんの数が少なく11月前半にも関わらず去年の2倍以上の相場価格で動いております
それは「ハニーみかん」にもいえることで、先日のセリ売りで1キロ600円というとんでもない値がついておりました。

もし「ハニーみかん」を手に入れる機会がありましたら是非美味しいみかんを堪能してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
c0102608_15442577.gif

[PR]
by ky0317yk | 2006-11-11 18:26
【山川みかん】 入荷しました。
c0102608_1917479.jpg

福岡県産のみかんの代表といえば、やはり「山川みかん」でしょうか。
有明海の海風を程よく受け濃厚な甘みと程よい酸味のバランスがとても良い
美味しいみかんです。

今回、入荷した「山川みかん」は早生品種となります。
一言に「みかん」といいましても、産地、ブランドにより時期ごとに複数の品種が
入れ替わっていきます。

ではここで、「山川みかん」の品種の流れを少し・・・

①極早生系
9月上旬から出荷が始まる品種で、果皮の青みが多く酸味の強い品種です
品種名は「日南一号」から始まり10月上旬から10月下旬は 「上野早生」に切り替わります。
②早生系
10月下旬から11月上旬に出荷が始まる品種で、今回入荷した「山川みかん」も
この早生系品種にあたります。
甘みは極早生より強く、果皮もみかんらしい美味しそうな黄色で出荷されます。
「原口早生」 「宮川早生」などがここにあたります。
③普通温州
品種名は「青島」といい
俗にいう晩生(おくて)といわれるみかんです。
12月下旬から年明けに出荷されます。逆に年明けの「早生品種」は傷みが早いので
正月用で購入されるには「青島」と表記しているみかんをお勧めします。
個人的な意見では「青島」は大玉の方が美味しいと思います。
(基本的にみかんは小玉の方が味が濃いくて美味しいのですが)

一般的に一番みかんを食べる時期は11月から12月、1月 ではないでしょうか?
やはり、この時期のみかんが一番美味しいですからね。

「今年はあまり美味しいみかんを食べてない」という方
それもそのはず、今までのみかんは「極早生系」の品種で正直、みかん本来の甘みは若干薄めで、お世辞にも美味しいみかんとは言えませんでした。
それは「山川みかん」でも例外ではありません。

しかし 今日より入荷した「早生系品種」
俗にいう「早生みかん」は、さすが!といった感じの「うまいみかん」になっております。

「山川みかん」独特の果肉の袋が薄く甘みの強い濃厚な味わいは、食べやすく 後引くうまさです。良く「1日3個みかんを食べるとガン予防に効果的」なんていわれますが、今回の「山川みかん」であればこのノルマは簡単に達成しそうです。

しかしながら、今年の福岡県産のみかんの作柄は「超不作」という報告を受けました。
今年は基本的に「裏作」の年であるにもかかわらず、台風の被害が予想以上にひどく、おまけに雨不足と トリプルパンチを受けたみたいで、昨年比の50%強という深刻な状況のようです

今年は12月から年末、年始と全体的にみかんの価格が、かなり高騰しそうです。
美味しいみかんなのに「高値の花」にならなければよいのですが・・・

最後まで読んでいただき有り難うございます。
c0102608_2015020.gif

[PR]
by ky0317yk | 2006-10-30 22:07