タグ:輸入フルーツ ( 2 ) タグの人気記事
【レッドポメロ】 入荷しました。
c0102608_23144093.jpg
レッドポメロの
生産国は「スウィーティ」と同じ
イスラエルです。

名前の通り果肉が赤色の
「レッドポメロ」は
「スウィーティ」よりも
日本への入荷量が少なく
入荷時期も11月~12月に
かけての1回だけという
「プレミアム・フルーツ」です。


「レッドポメロ」に関して色々と調べてみましたが、なかなか面白い情報が得られず
ブログの記事としてまとめるだけの材料が見つからなかったので
実際食べてみての感想を書き込みたいと思います。

分かりやすいように「スウィーティ」と比べてみました。

「スウィーティ」と「レッドポメロ」の違い

1.大きさ 
規格のサイズにもよると思いますが、「レッドポメロ」の方が大玉傾向のようです
 実際市場で購入するときも「レッドポメロ」の小玉サイズは存在しませんでした。
 (スウィーティは小玉から大玉まで規格が幅広い)

2.色
 果肉の色は、見ての通り「スウィーティ」は薄いグリーンで「レッドポメロ」は濃い赤ですが
 両方とも果皮の色はグリーンです。

3.アルベド(皮の内側の白い部分)の違い 
両方とも通常の柑橘類に比べてアルベドの量は多い様ですが
 それでも「レッドポメロ」も方が 大玉である分「スウィーティ」以上に多く
 また、「レッドポメロ」の方が固く剥きづらい印象がありました。

4.味
 「スウィーティ」は、果汁が多く、酸味と甘みのバランスが取れている感じです 
 でも若干柑橘類特有の酸味(にがみ)があります。

 「レッドポメロ」は、ほとんど果汁がなく 実もポロポロした感じです。
 国産の柑橘に例えるなら「晩白柚」に食感が似ています。
 また、スウィーティにはある酸味(にがみ)がほとんどなく とても食べやすいです。

どちらも今だけの限定輸入フルーツです。
もし両方ご購入の機会がありましたら、食べ比べてみて下さい。

最後まで読んで頂き有り難うございました。
c0102608_22121493.gif

 
[PR]
by ky0317yk | 2006-12-11 23:16
【スウィーティ】 入荷しました
c0102608_16585099.jpg爽やかな甘みと
豊富な果汁が特徴のスウィーティは
果皮が青いのに完熟している
珍しい柑橘類です。

11月の後半から12月にかけて
イスラエルより入荷します。

スウィーティはグレープフルーツと比べて
外食産業など加工用での需要が少ない為
年に1~3回しか入荷しない
プレミアムフルーツなのです。
今年は一回だけの入荷だとか・・

スウィーティーとオロブランコの違い
イスラエル産の「スウィーティ」とアメリカ産の「オロブランコ」の違いは
基本的には名前が違うだけでほとんど同じものです。
例えるなら西日本では「糸コンニャク」というのを
東日本では「しらたき」というくらいの違いでしょうか?
もともとはアメリカでグレープフルーツとポメロ(文旦)の交配種を「オロブランコ」
という名で商品化したものをイスラエルでは「スウィーティ」と命名したようです。

スウィーティは発泡スチロールを溶かす?
スウィーティが出だした頃にこの様な話が話題になりました。
これは、柑橘類の果皮に含まれる「テルペン」という精油の主成分で
特にスウィーティには多く含まれています。
人体的影響はないので安心して食べて下さい。
またこの成分は天然洗剤や天然香料の製造に利用されているようです。

スウィーティの美味しい食べ方
グレープフルーツの様に半分に切ってスプーンで食べるよりも
甘夏や文旦の様に一房ずつ手で剥いて食べた方が食べやすいし美味しいです。
アルベド(皮の内側の白い部分)が多いので手で剥きやすいと思います。
もともとはアメリカ原産の果物ですが、どうもアメリカ人は手で果物を剥くのが
苦手なようで、オロブランコはあまり普及しなかったとか・・・
そんな中イスラエルのスウィーティが日本向けに大量出荷で成功したのを見て
慌ててオロブランコの日本向けの生産を開始したのですが、スウィーティの知名度
が確立された後だったので、スウィーティの真似をした果物という印象があるようですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
c0102608_2213836.gif

[PR]
by ky0317yk | 2006-12-10 02:10